« セロよりゼロ♪ | トップページ | 500万人突破♪ »

アクター。役を生きる。

昨夜、「去年の今頃は東京ドームにいたね~」と、友にメール。
お江戸遠征で初めてのオーラスで、唯ひたすら楽しくて、嬉しくて…
朝、ホテルの窓からドームを見下ろしながら、
パーティの余韻(二日酔いの間違いちゃうか?って)でボーっとした頭で
「来年もきっと来るぞ!!」って思ってたっけな。
1年か~。でも、追いかける身には祭りの様な1年だった

ビストロ。アラン・ドロンといえば二枚目の代名詞だったと、
幼いながらに記憶してたって事は、日本でも人気があったんだね。
素敵にお年をめされて。ちっと頑固そうだけど(苦笑)

「キムタクさん」「同業者として気に入ったよ」
何故に拓哉くんを俳優として認識してたんだろう?
誰かに聞いたのかな。それともカンヌ?何か映画でもご覧になった?
「2046」かな…
気に入ったの言葉は自分と同じものを拓哉くんの中に見たからかな。
演じるのではなくその役を生きている。
いつも、私達が俳優木村拓哉に感じていることだ。

「好きな事を仕事にしている。恵まれている。
出来ない人の方が多い。だから凹んでいてはいけない。
幸せな事だから…」

素敵に刺さる言葉をスマ君たちにありがとうです。
グレたくなってた人(笑)もきっと感じたはず。

ビストロはどちらかと言えば創作料理の店って感じだよね。
こんな○○食べた事な~い!!みたいな(笑)
工夫で楽しませてくれるってゆうかな…何が言いたいのかって?
別に。(笑)

宝塚♪ 懐かしい。中学校時代に通っていた時期があったので。
すみれ以外の二曲。どんな公演の主題歌か解りますもん。
テンポがいつものスマには無いものだから、違和感が…
白い燕尾服はやっぱり宝塚の男役の着るものだと…
拓哉くんが着ると幼い感じに見えたのは私だけかな。
やっぱり、最後の黒い長めの丈のジャケットと細身のパンツ。
ヒョウ柄の長いスカーフ?の姿が良いね♪♪

階段を下りてくる足運びが素敵。
慎吾が歌っている時にバックに下りてくる靴だけが見えるんだけど、
すぐに足の運び方だけで拓哉くんって解る。
宝塚では最後にトップさんが階段中央から羽背負って下りて来る。
その時のオーラが凄いんだけど、拓哉くんが下りてきた時に、
同じものを感じてしまった。
まぁ、階段下りてくるだけでカッコイイ人って事です(笑)












« セロよりゼロ♪ | トップページ | 500万人突破♪ »

スマスマ♪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« セロよりゼロ♪ | トップページ | 500万人突破♪ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

カテゴリー