拓哉さん

ただただLOVE♪

一月の寒い朝に。

お弁当に朝食作り。慌ただしく動く。
何時もと同じ朝のはずが…
ピンポン!ピンポン!とこれまた慌ただしいlineの音
ん!?こんな朝から何があったんだ?
と手があいたところで見てみると…

最近のマネジーメントやG内4:1の構図。
ここまでされるなら独立もありでしょ。
近々限界が来るのでは?と思ってました。
ただし拓哉個人の独立ね。
なのにびっくり…
こうゆう事だとは…

えふNSや赤と白歌合戦の一般にもわかるような、
あからさまなハブに外しに蔑ろ…酷かった。
ついにこんな事に。

拓哉の選択について色々言われてはいるけれど、
真意は拓哉にしかわからない。
彼が出した答えならそれに付いていくだけ。
どう転んでも茨の道だと思うから…

くよくよしてらんないですよね

「STAY DREAM」を聞き終わってのコメント。
自分に向かってもあったかな…

日曜日は京都でかれこれ9時間立ちっぱなしだったような
まぁ、これはどうでも良いことなんで(そうなのか…)
広げません(笑)

実は昨日朝、怪我の事を知ったので、
心配しながら息詰めてのどじまんを見てたの…

ファンでさえちょっと元気ないな?
程度に感じただけの人もいたぐらいの頑張りだったね。
流石のプロ意識に

撮影終盤に差し掛かっての事。
自分の体調で周りに迷惑をかけてしまうのが、
一番悔しいと言ってた彼。
口惜しさのほうが心に痛かっただろうに…
でも一度、お江戸に戻れたことは良かったのかも。
確かこちらには親しい良いお医者様もいたはず。

残りの撮影を乗り切れるように、
今は騒がずとにかく祈るだけだな



大阪ブルース。

悲しい色やね。
好きでね…昔、カラオケで歌ってました
でも拓哉が歌うと別物だね(あたり前やろ~!)
けっして洒落た歌じゃないの。
大阪湾の濁った暗い海と、
低いところで生きる男と女。
寒々としたコンクリの桟橋。
車は彼氏のKだな(笑)そんな世界。

湿った哀愁感じる拓哉の声。
こんな歌が歌えるんだよ。
もっともっと歌うべきなんだ…

年に一度の宝物。「サンタク」
益々、おじきことさんまさんとの絆が深くなっているような…
悲しい色やねを歌い始めた拓哉。
それを見るさんまさんの笑顔の優しさ。
たまに?!なさんまさんだけど、
あの拓哉に向ける慈愛の笑顔。
見せられたら何も言うことは無いよね。
本音で話もしてるんだろうな…
いろんなこと分かってくれてるんだろうな…
ラストで泣けて…

もう14年目か~
これからもずっとずっと続いて欲しいね。

冷たい光を放つ真剣。
人を殺めるって言い方。感覚が万次さんなんだね。
斬った後の目がなんとも…
強いはずなのに悲しげなぐらいの影。
万次さんに早く逢いたいね~

2時間の稽古でも「おまえなら出来る出来る」
この信頼。
おじきが一緒ならアウェーでも…
この信頼。
お互いをここまで認めあうって凄いね。
そしてなんか嬉しい。




MのSPライヴ☆

例年トップ登場だった。
何の力働いてか目論んでか今年はトリ登場
それはそれで良いかもね。
流石トリ登場なのねと感じさせてしまう資質と存在感。
それを見る者に納得させただけだったりしてね(笑)

🎄ソングは最後に流してくれたクリスマップが好きだな~

merry Xmas🎄

昨年の25日は大阪ドームでパーティだったんだな…
「クリスマス一緒じゃん」なんて殺し文句に、
キャ~キャ~言うとったんですわ
もう一年とは早い!
で、オーラスが今年だったことを思い出し
こちらはずっと昔の事のようで(笑)
さて来年はどうかな?

さんすまのオジキとの並びが安心できて(笑)
前半だけリピ
なんやかんや言いながら、
拓哉へのおじきの想いが感じられてうれしいんだもん。

新年の楽しみはさんタクだけだよ…

紅と白歌合戦の出場順ね~
48番目だって…そのすぐ後が森さん。で、大先輩…
すまが歌って数字的にも盛り上げて、
卒業の森さんを盛り立てて、
その流れで白のトリを盛り上げろってことですかね…
うちの子達はもうカウントライブで消えてるだろうし…
日ごろの仕打ちを思ったら……だけどね。

でも彼らは笑顔で全力で盛り上げるんだろうね。





纏う空気。

う~ん、罰ゲームが無くなっただけでも良しとするか?
なんだろうね…
せっかくすまとさんまさんを生で拘束してあれって…
内容はともかくとして万次拓哉の醸し出す雰囲気に
拓哉だけど拓哉じゃない。
纏う空気が違ってる…
く~!役を生きてる時のこの感じ素敵過ぎる。
殺伐とした世界に生きている筈なのに、
何かを悟ったような穏やかさを瞳の奥に感じるよね。
倦怠感と穏やかさを感じる不思議な瞳。

で、トム・ソーヤ(笑)
おいおい、あの局があんなにちゃんと、
歴代ドラマの実績を伝えてくれたり、
手の込んだVを作ってくれるとどうしたんだ?
って思ってしまうんだけど
ロンバケに南極になんとロイドまで…
レモンの数が92個とかさ。レモンってあそこだよ!
前半はアップも多かったし…
良くされると気持ち悪いんですけど(おいっ!)



少し動く。

年末に向けてボチボチ片付け。
何時もない事に早くから始めてる(せやから天気が…)
積み上げられた雑誌…………ボチボチね(笑)

手に取ってしまったのが「開放区」ファイル…
はい!運の尽き(笑)片付づけは進まん

最終回の「開放区」。
眺めていると今更ながらじわッ…
終わりをいきなり告げられたのかもな…
既に最後のPだけが別次元になってたから、
お引越しならさも有りなん!
望むところだったんだけね。
Gの雑誌卒業でぶった切られた感あったものね。
また何処かであの感性豊かな言葉に触れる事が出来ると思ってたのに…
あの声を聴くのは本当に幸せ。
でも何度も噛みしめながら言葉を追うのも、
また良いんだよね。

何処かで再び「開放区」





はぅ!(^^♪

「はぅ!」笑顔が可愛いかった~
何がそんなにツボに嵌ったんだか(笑)
嬉しそうな笑顔がたまらんかったね。
あんな彼の笑顔
観てるだけで幸せ感じるね

実は出演を知った時はどうしてまた「のど自慢」?
って思ってた
前回の特別感が特別じゃなくなるよ…なんて。
でも、楽しくて温かくて、
彼らが寄り添いサポートすることにとっても意味があって。
納得させられて幸せな気分を貰えたよ。

髭がない!
スッキリ麗しい美青年拓哉だ
数日前のFNS覇王拓哉は何処?(笑)
髭がないだけでこんなに違うとは…
万次さんの内面的なものが変化したのかな。
とにかく肌の色も落ち着いて麗し!麗し!
少しお疲れなのか大人めだったし(笑)
でもその少しふんわりした感じがまた良いんだけどね。

定番の美人席(笑)
歌を聴きながらの変わる表情に目が離せなくて、
目を閉じて聞き入ってたり、微妙~な感じだったり(笑)
隣の中学男子とお喋りしたり目隠ししたり(あれは何でだ?w)

潔い男前なハグ
しっかり抱きしめてあげるんだよね。
こうゆうとこ素敵なんだ。

北島さんとま~つりだ~
あくまで自分たちはサポート役と前に出ない。
出場者を立てて盛り上げる姿勢がらしいね。
北島さんに手招きされて初めて前に出る。
横で盛り上げて欲しかったんだよね~きっと。
特に拓哉に一番に探してた(笑)
柏の祭りだよ~
は拓哉の仕込みじゃないか?(笑)
その歌詞の時、耳を欹てる仕草をしてた
歌い上げながら拓哉と笑顔を交わして、
がっしり握手してたものね。ヤッタネ!って感じで(笑)
裏で話しながら「こうゆうのどうっすか?」なんてね。
認めて下さってる信頼して下さってる。
好意も持って下さってますよね(笑)
嬉しいね。

年末っぽい豪華さだったよね…
華やかな力強さ。
やっぱりこうでなくちゃね。


本物が放つ光。

待ちくたびれたね~
で、最後の最後に登場
いや~一瞬にして会場の空気を変える。
あの存在感とオーラー。
やっぱり違う。
あれは違いがあからさまに成ることを、
避ける為の演出なのかしら~
あそこまでだと呆気…
力を持った芸能事務所が私物化した番組の面白くない事…
一般視聴者でさえ???なFな歌謡祭。
同事務の先輩に立ち上がって拍手って…引くよね

万次さん中の拓哉。
そんなことはどうでも良いぐらいの王道のカッコよさ。
纏う空気が違う。
スッキリワイルドなのに生っぽく艶っぽい。
飄々としなやかに鋭い…
「さぁ!行きますか!」
の準備体操(違うから…)後、
振り返りカメラに向けた瞳にゾクッ…
あれだけ踊りながらも生で歌う。
見慣れてしまってあの凄さがわからなくなってるかも…
最後のソロまで変わらない声量。凄いよ。

踊りながら歌えない人多いから…

みやびさんとの絡みが素敵過ぎ。
取ってつけた物じゃない。
魅せて表現する力あってのこその自然さ。

頭抱えるようなコラボ多かったから…

パラえきでん

昨日は良い天気で良かった。
昨夜から駅伝の様子を知りたくてWSやツイを追ってた

スッキリシャープで艶っぽい男前の髭を蓄えた拓哉だ。
車椅子を巧みに操りバスケのゴールを決めてたり、
表彰者をハグしてたり…優しい笑顔。
たくさんの人を笑顔にしたんだね。

土曜の夜遅くお江戸にもどり、
日曜の夜にはまた京都へ…らしい
本当に京都とお江戸を行ったり来たり。
何時も夜遅くまで撮影らしいのは、
映画以外のスケのせいかと、大丈夫かと…
でも、駅伝の様子を周りの笑顔を見て、
駆けつける意味の大きさを思って胸熱くなり、
もうね~のんのんするだけだわ。

さんタクの楽しみな目撃情報もあったしね

より以前の記事一覧

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

カテゴリー